マーベル作品

【キャプテンアメリカ】シビルウォーのあらすじとネタバレな感想レビューも!

更新日:

こんにちは、ポンタです。

アベンジャーズシリーズで大活躍しているキャプテンアメリカの3作目シビルウォーは、登場人物が多く総勢12名のアベンジャーズのメンバーが出演しています。

[aside type="normal"]個人的にはアベンジャーズ2.5じゃね?って思ったくらいww[/aside]

今作は、アベンジャーズ2(ウルトロン)の1年後のお話となります。

 

今回は、2016年に公開された「キャプテンアメリカ」シビル・ウォーについて

  • 登場人物が多すぎでアベンジャーズじゃね?
  • あらすじを解説
  • 【ネタバレ注意】感想とエンドロール後は?

これらをお伝えします。

今作はアベンジャーズに勝るほどの多くの人物・作品が絡んできています。全部ぶっちゃけようかと思っていますのでぜひ最後まで読み進めてください。

 

登場人物が多すぎでアベンジャーズじゃね?

まずはキャプテンアメリカ3に登場するヒーロー・ヒロインたちをざっくりとご紹介していきます。

もうアベンジャーズ勢揃いと言って良いほど、登場人物が多すぎですわw

 

シビルウォーの登場人物

  • スティーブ・ロジャース(キャプテンアメリカ)
  • バッキー・バーンズ(ウィンターソルジャー)
  • ナターシャ・ロマノフ(ブラックウィドウ)
  • サム・ウィルソン(ファルコン)
  • トニー・スターク(アイアンマン)
  • ローディ・ローズ大佐(ウォーマシーン)
  • ヴィジョン
  • クリント・バートン(ホークアイ)
  • ワンダ・マキシモフ(スカーレット・ウィッチ)
  • スコット・ラング(アントマン)
  • ピーター・パーカー(スパイダーマン)
  • ティ・チャラ(ブラックパンサー)

総勢12名のもヒーローたちが結集した作品ですので、アベンジャーズそのものと言っても過言ではありません。

ただ、彼らは1つのボタンの掛け違いから仲間割れをしてしまうのです。

あらすじを解説

アベンジャーズ2(ウルトロン)の戦いから1年後。

ナイジェリアのラゴスで、ヒドラの残党ブロック・ラムロウのテロ計画を阻止するため、4人のアベンジャーズ(キャプテンアメリカ・ブラックウィドウ・サム・ワンダ)が活動をしていました。

 

そして、テロのための生物兵器を奪取したラムロウ一味は、アベンジャーズと交戦しながら逃走しますが、少しずつ追い詰められていきます。

 

負けを悟ったラムロウは、キャプテンアメリカを道連れに自爆しようとしますが、ワンダのテレキネシスでラムロウを上空に投げ飛ばしました。

しかし、ビルの真横で爆発し多くの犠牲者を出してしまいます。

[aside type="normal"]アベンジャーズは、これまでの身勝手な行いも重なり、ついに国際的に非難されてしまいます。(地球を救っていたのですが認めてもらえません)[/aside]

 

同じ頃、アイアンマン(トニー)も自社の発表会の式典で、女性官僚の息子がソコヴィア(ウルトロンの戦場)で犠牲になったことを知らされ、罪悪感に苛まれてしまいます。

 

そして、国連は超人集団のアベンジャーズを野放しにするのは危険と判断し、国連の管轄下に入れようとします。

 

[aside type="boader"]

スティーブら(キャプテンアメリカ・ワンダ・サム)は「自分で判断し行動する権利が失われる」と猛反発

一方、トニーたち(アイアンマン・ブラックウィドウ・ヴィジョン・ローズ大佐)は、先ほどの1件からか即座に賛成する。

[/aside]

 

この意見のすれ違いが、少しずつ溝を深めていってしまいます。

 

そして、運命の日。

 

オーストリアのウィーンで開かれた「ソコヴィア協定」の署名式で、ワカンダ国王ティ・チャカの演説中に爆破テロが起こり、式典会場も巻き込まれ、ワカンダ国王が亡くなってしまいます。

[aside type="normal"]このシーンはブラックパンサーでも関わってきます。[/aside]

 

で、防犯カメラに捉えられた映像から「バッキー(ウィンターソルジャー)」が犯人だと決定され、ソコヴィア協定に賛成派と反対派のアベンジャーズたちの争いが激化していくのです。

 

・・・こんな感じでストーリーは進んでいきます。

 

[aside type="boader"]

僕のイチオシ見所といえば、

  • アベンジャーズ総勢12人のバトルロイヤル 意外な結末が・・・
  • ブラックパンサーとスパイダーマンの作品への伏線
  • キャプテンアメリカ史上、ド派手のアクションシーンに大興奮!

これらはものすごくワクワクした面白いのでぜひ「U-NEXT」で見てください。

[/aside]

 

【ネタバレ注意】感想とエンドロール後は?

キャプテンアメリカシビルウォーを見ていて僕が一番気になったのは、

  • アベンジャーズのバトルロイヤルの結果
  • ラスボスは誰なのか?

ということです。

 

「え?マジ?!」

といった意外な結末になっていたので、感想と共にエンドロール後も暴露しちゃおうかなと思っています。

 

感想レビューをしてみた

今回のシビルウォーは、キャプテンアメリカというタイトルが付いていますが、個人的にアベンジャーズ2.5という評価ですね。

ソーとハルク以外のアベンジャーズが勢揃いしていましたし、後に作品になったブラックパンサーとスパイダーマンはアベンジャーズ3(インフィニティウォー)にも出てきますので。

 

そんな中、この豪華メンバーと対峙するラスボスは誰なのか?

僕は最後まで楽しみで仕方がなかったですが、ラスボスはいませんでした。

 

 

とある事件がきっかけで、

アイアンマン vs バッキー&キャプテンアメリカ

これがラストの戦いだったのです。

 

 

個人的には終わった過去は変えられないのは分かりますが、アイアンマンの気持ちも痛いほど分かります。

どちらも応援できないもどかしさを感じながら最後まで見た感じでしたね。

このラストバトルは賛否両論ありそうです。

 

ま、あとアベンジャーズ同士の戦いが普段見れないので、レアな体験ができたなと思いますし、

悪者 vs ヒーロー

こんな感じのアクション映画が多いですが、シビルウォーではヒーロー同士が戦うといった斬新な切り口は見ていて面白かったですね。

エンドロール後もネタバレしちゃうかなw

マーベル作品では恒例のエンドロール後のショートストーリーですが、テンションが上がってきたのでネタバレしちゃいますねw

 

・まず1つ目はバッキーのシーン。

鋼鉄の腕を失ったバッキーはワカンダの治療施設で、洗脳を抑えるため冷凍保存することになります。

 

[aside type="boader"]

スティーブ:このことがもし知られたら追っ手がやってくるかも、と心配しますが、

ティ・チャラ:くればいいよ、と余裕の笑みを浮かべるのでした。

[/aside]

 

[aside type="normal"]実はワカンダはバリアで守られているのでむやみに外界から侵入できません。[/aside]

 

・2つ目のシーンはスパイダーマン。

ケガをしたピーターはエマおばさんから冷やしタオルをもらいます。

その会話が面白かったのでシェアしますねw

 

[aside type="boader"]

エマ:誰にやられたの?

ピーター:男に。(腕がかゆいな)

エマ:名前は?

ピーター:スティーブ(キャプテンアメリカ)

エマ:学校のあのクラスの子?(勘違いしているw)どこに住んでいるの?

ピーター:ブルックリン

エマ:殴り返してやったの?

ピーター:きついのを何度もね

エマ:強くなったわね(そして部屋から出て行く)

ピーター:ありがとう。ドアしめてね。

[/aside]

 

会話の後、かゆかった右手首から赤い光がでて天井にスパイダーマンのバーチャル装備が入っている。(トニー製なのでアイアンマンみたいに装備できる)

 

そして、最後に「スパイダーマンは帰ってくる」という真っ黒の背景に白地の英語の字幕で終わるのでした。

 

・アベンジャーズを観る順番について参考になる記事はこちら

⇒ 【必見】アベンジャーズを見る順番は時系列順がおすすめ?動画を安全に見る方法も!




-マーベル作品
-

Copyright© 動画配信サービスを比較&映画・アニメ・ドラマなどのレビュー! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.