マーベル作品

映画館【ヴェノム】ネタバレ感想!ラストは次回作に繋がる伏線だった

更新日:

こんにちは、ポンタです。

マーベル作品でのダークヒーローとして「ヴェノム」が単独で映画公開されました。

5億ドル以上の興行収入ですのでヤバいですね!

ポンタ
スパイダーマン3の敵として登場したヴェノムが正義の味方になってしまった件w

 

↓本編で公開された中盤のクライマックスなどが収録されていますw

 

では、映画館でヴェノム(吹き替え版)を見てきたので

  • 吹き替え声優は歌舞伎役者とオタク女優w
  • ヴェノムのネタバレと感想
  • 次回作への伏線がコレ!

これらをお伝えします。

ヴェノムを見る前にスパイダーマン3を見た方がより楽しめるので、お得に見れる裏ワザもお伝えいたしますので最後まで読み進めてください。

 

吹き替え声優は歌舞伎役者とオタク女優w

ヴェノムの日本語吹き替え声優は、あの有名な歌舞伎役者とかわいいゲーム&アニメオタク女優でした。

 

・エディ・ブロック(ヴェノム)/トム・ハーディ

声:諏訪部順一(ヴェノム:中村獅童)

正義感が強いが手段を選ばないやり方が災いし、自ら不幸を招くことに。

忍び込んだドレイクのラボでシンビオートに寄生されヴェノムが誕生する。

 

・アン・ウェイング/ミシェル・ウィリアムズ

声:中川翔子

元エディの恋人で腕利き弁護士。

エディに極秘情報を漏らされてしまい失意のドン底に沈むが、少しずつエディを見直すように。

 

 

・カールトン・ドレイク(ライオット)/リズ・アーメッド

声:花輪英司

ライフ財団の若きCEO。だが裏の顔は人体実験を繰り返すマッドサイエンティスト。

ライオットに寄生されてしまうが、利害が一致する両者は人類の進化という悪巧みを練ることに。

 

 

・ドラ・スカース/ジェニー・スレイト

声:武田華

ライフ財団での研究者だが、ドレイクのやり方に疑問をもちエディに協力を依頼する。

しかしドレイクに知られてしまいシンビオートの実験台に。

 

・ダン・ルイス/リード・スコット

声:桐本拓哉

アンの新たな恋人で外科医。

エディにMRIをかけ、エディの体からシンビオートを排出させようとするが・・・

 

 

ヴェノムのネタバレと感想

宇宙船が地球に降下しようとしますが、突如連絡が途絶えてしまいます。

ポイント

実はこの宇宙船には小惑星にいた生命体4体(シンビオート)をサンプルとして持ち帰っていたのです。

シンビオートは生命体の総称で、個人名がヴェノムやライオットという感じ。

 

マレーシアに落ちた宇宙船を救助しようと、現地の救助隊が向かいますが乗組員は1人だけが生存していました。

そして、シンビオート4体のうち回収できたのは3体だけでした。

 

その生存者1人を救急車に乗せて運んでいる最中、急に起き上がり救助隊を襲い、その中の女性1人の体を乗っ取り逃走してしまいます。

ポンタ
生き残っていた乗組員はシンビオートに寄生されていたんですね。後のライオットです。

 

 

一方、記者として優秀だがやり方が頑固なエディは「ライフ財団」のドレイクCEOとの独占取材をすることに。

ドレイクはエディが務める放送局のスポンサーでもあるため上司からはオトナの対応をするよう指示を受けていた。

 

だが、弁護士の恋人アンに届いた極秘情報をみてしまうとそこにはライフ財団の裏の情報が。

エディは独占取材時に正義感からその真意を聞いてしまう。

 

それを知ったドレイクはエディをクビにし、アンも会社をクビになってしまう。

そして、

アンから別れを告げられ失意のドン底にいたエディに、ドレイクの会社の研究者ドラから真実を暴露してほしいと訴えられる。

 

最初は拒否していたが正義感からドレイクのラボに忍び込むと、不運にもシンビオートに寄生されてしまった。

ラボの警報が鳴り、逃げるように自宅に帰るエディに体の不調が襲いかかるのである。

 

 

エディはアンに助けを求め、ダンのいる病院でMRI検査をすることに。

すると、ヴェノムに寄生された体は悲鳴を上げてしまう。

ポイント

周波数4000~6000と火がシンビオートにとって弱点だったのです。

 

 

ドレイクにエディのことを話したドラはシンビオートの実験台に。

エディの元にドレイクの刺客たちが送り込まれるが、ヴェノムに変身したエディはその追っ手を振り切る。

 

そして、ドレイクの元にもシンビオート(ライオット)の魔の手が迫り寄生されてしまう。

だが、ドレイクはシンビオートと利害が一致していたのでお互い協力関係になって悪事を企むのであった・・・

 

こんな感じでストーリーは進んでいきます。

次回作への伏線がコレ!

ヴェノムはラストクレジットが2回流れます。

  • 次回作への伏線
  • 2019年公開のスパイダーマンアニメの番宣

この目次では「次回作への伏線」についてお伝えしていきます。

 

ラストクレジットが1つ終わると、エディは極秘人物との取材のため刑務所にいきます。

刑務所で待っていたのは今後の敵になるであろう「クレタス・カサディ(カーネイジ)」でした。

 

予想しちゃいます

原作コミックでは、エディが犯罪を犯して投獄されそこでカーネイジと出会い、そこでシンビオートがカーネイジに寄生する設定です。

もしかすると、次回作でエディが投獄されるかもしれませんね。

 

あなたはどんな次回作を期待しますか?

 

まとめ

今回は、映画館で吹き替え版ヴェノムを見てきたので

  • 吹き替え声優は歌舞伎役者とアニメオタクw
  • ヴェノムのネタバレと感想
  • 次回作への伏線がコレ!

これらをお伝えしました。

 

ものすごく意外なストーリー展開にハラハラドキドキした作品でした!

ポンタ
あのヴェノムが正義の味方ちっくになっていたのは面白かったですねw

ラストシーンからも次回作がある感じでしたし、ヴェノムは3部作で作られそうですので次回作へ期待大ですね!

 

ポイント

また、ヴェノムが登場するスパイダーマン3をまだ見ていない方は面白さが倍増するので必見です。

 

31日間無料お試しができる安心安全な動画配信サービス「U-NEXT」ですと、スパイダーマン3が見放題で見れるという裏ワザで復習していくのがおすすめです。

⇒ スパイダーマン3を見放題で見る

本ページの内容は2018年11月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXT公式サイト内にてご確認下さい

 

 




-マーベル作品
-,

Copyright© 動画配信サービスを比較&映画・アニメ・ドラマなどのレビュー! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.